HOME>スタッフブログ

家の新築工事にあわせて外構工事の相談はいつからするのがいいのですか?

本格的な梅雨に入りました。

今打ち合わせ中のお客さまは、この秋9月、10月、11月着工の仕事に

なってまいりました。

となると、今年ももうあとわずか。本当に早いです。



「家の新築工事にあわせて外構工事の相談はいつからするのがいいのですか?」

という質問がありました。



私がおすすめする時期は

建物の配置が決まったタイミングです。



その理由は

建物の配置が決まれば、外構図面を書くことができるから。



逆にいいますと、配置図ができなければ、図面は書けません。

ですので、配置図ができてない段階で

「外構工事いくらくらいかかりますか?」

と聞かれても、お答えすることはできないのです。



とはいっても、「融資でいったい、うちの場合いくら借りないといけないのか」

ということは、いちばん気になるところ。



そこで、外構工事の費用は、住宅会社の営業の方がある程度予算どりをします。

しかし、その概算費用というのは、とてもざっくりとしています。



だいたい150万くらいとか

だいたい200万くらいとか

すごくアバウトです。



外構の図面がない状態では、正直いってその金額の根拠は、ありません。



仮に土地が安く手に入ったとしても、

土留めの費用が思っていたより高くなってしまった。という話はよく聞きます。



金額が高いというのは、その人の感覚的なものではあります。

同じ金額でも、高いと感じる人もいれば、安いと感じる人もいます。

もともとその人が、150万と想定していたところ、その金額を超えたら

高いと感じるし、それ以下だとすれば安いと感じます。



いい素材のものや、商品の金額の高いものを選んだり、施工面積が増えれば

当然は上がります。

建物の配置が決まった時点なら

外構図面が書けて、見積もりもできます。

あとで工事金額が予算オーバーにならないためにも

お早目のご相談をおすすめします。

001.JPG

外構 /外溝エクステリア の設計施工 のご相談は

幸泉 059-374-1518 までお電話ください。

鈴鹿市石薬師町318

ホームページはこちら 
http://www.forestgreen.co.jp

雑貨WEBショップはこちら》》》 http://forestgreen.shop-pro.jp/

ロハスガーデンマルシェ http://lohas.p2.weblife.me/

ロハスfacebook https://www.facebook.com/lohasgardenmarche

こんな地域のお客さまがみえます。

鈴鹿市、四日市市、亀山市、桑名市、津市、三重郡菰野町、三重郡朝日町、いなべ市など

月別アーカイブ