HOME>スタッフブログ

後悔しないウッドデッキを選びたい

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は久しぶりに暖かい1日になりましたね。

ちょうど去年の今ごろに、大雪が降って、

雪の被害で大変だったことを思い出しました。

1年は早いものですね。


雪の被害といえば

雪が降った後、デッキの上の雪がなかなかとけないと

ウッドデッキの痛みが進みます。

冬は、ウッドデッキの痛みにご用心ください。

昨年「ウッドデッキが痛んできたので新しいデッキにやり替えたい」

というご相談をうけ、年明けから

ウッドデッキのやり替えの工事を2件すすめています。


1件のお客さまは、ウッドデッキを樹脂製のもの

もう1件のお客さまは、ウリン材という天然の木のデッキにしました。

ウリン材は、天然の木ですがハードウッドといわれる非常に固い材質の木です。

よくお客さまから聞かれるのが、「樹脂製のデッキと天然木のデッキとどちらがいいですか?」

という質問です。



これは、好みにもよりますが

木の質感が好きな方は、天然木を選び

木の質感にこだわりがない方は、樹脂製のものを選ぶ

という傾向があります。




天然の木の良い点は、

樹脂にくらべると、床の表面温度が熱くなりにくいことです。

そして、やはり天然だけが持つ木の質感があります。



欠点を上げるとすると、変色。

天然の木は、半年くらい経つと、色がシルバーグレーに変わります。


この色が変わることが

天然の木が、好きか嫌いがわかれるところでもあります。

色の変化を風合いとして良しとするか

それとも、古くなっていくのが好きではないか。



さて、あなたは天然の木と、樹脂のデッキとどちらがお好きですか?



幸泉では、お客さまに施工写真や、見本を見ていただいて

後悔しないウッドデッキを選んでいただいています。

どうぞお気軽にご相談くださいませ。

P1030803.JPG
写真は展示場にあるウリンのウッドデッキです。

1月の工事はご予約でいっぱいになりました。

2月の工事のご予約枠も残りわずかです。

3月、4月に完成のご希望の方はお早目にご相談くださいませ。

-----------------------------------------------------------

外構 /外溝 エクステリア の設計施工 のご相談は

幸泉 059-374-1518 までお電話ください。
鈴鹿市石薬師町318

月別アーカイブ