HOME>スタッフブログ

こんなご相談がありますの最近のブログ記事

本格的な梅雨に入りました。

今打ち合わせ中のお客さまは、この秋9月、10月、11月着工の仕事に

なってまいりました。

となると、今年ももうあとわずか。本当に早いです。



「家の新築工事にあわせて外構工事の相談はいつからするのがいいのですか?」

という質問がありました。



私がおすすめする時期は

建物の配置が決まったタイミングです。



その理由は

建物の配置が決まれば、外構図面を書くことができるから。



逆にいいますと、配置図ができなければ、図面は書けません。

ですので、配置図ができてない段階で

「外構工事いくらくらいかかりますか?」

と聞かれても、お答えすることはできないのです。



とはいっても、「融資でいったい、うちの場合いくら借りないといけないのか」

ということは、いちばん気になるところ。



そこで、外構工事の費用は、住宅会社の営業の方がある程度予算どりをします。

しかし、その概算費用というのは、とてもざっくりとしています。



だいたい150万くらいとか

だいたい200万くらいとか

すごくアバウトです。



外構の図面がない状態では、正直いってその金額の根拠は、ありません。



仮に土地が安く手に入ったとしても、

土留めの費用が思っていたより高くなってしまった。という話はよく聞きます。



金額が高いというのは、その人の感覚的なものではあります。

同じ金額でも、高いと感じる人もいれば、安いと感じる人もいます。

もともとその人が、150万と想定していたところ、その金額を超えたら

高いと感じるし、それ以下だとすれば安いと感じます。



いい素材のものや、商品の金額の高いものを選んだり、施工面積が増えれば

当然は上がります。

建物の配置が決まった時点なら

外構図面が書けて、見積もりもできます。

あとで工事金額が予算オーバーにならないためにも

お早目のご相談をおすすめします。

001.JPG

外構 /外溝エクステリア の設計施工 のご相談は

幸泉 059-374-1518 までお電話ください。

鈴鹿市石薬師町318

ホームページはこちら 
http://www.forestgreen.co.jp

雑貨WEBショップはこちら》》》 http://forestgreen.shop-pro.jp/

ロハスガーデンマルシェ http://lohas.p2.weblife.me/

ロハスfacebook https://www.facebook.com/lohasgardenmarche

こんな地域のお客さまがみえます。

鈴鹿市、四日市市、亀山市、桑名市、津市、三重郡菰野町、三重郡朝日町、いなべ市など

【家を建ててからわかる気になること】

いろいろありますが

そのうちのひとつが


意外に気になる近所の視線

新築の家を
近所に住んでいる人は、かなり興味を持って注目してます。

工事中は、どんな家になるんだろう・・・
工事が終わってからは、どんな人がすんでるんだろう・・・

散歩をしながら、けっこう、見てます。
見られてます。

「うちは、見られてても全然気にならないわ。」

そんなオープンマインドな方はともかく
人からの視線って、かなり気になります。

お隣の家からも
道路からも
実は、じーっとは、見られていないけれど
見られているような気になって
あこがれの、ウッドデッキをつくったものの
視線が気になって、全く使ってません!

という方、多いです。

そんなお悩みを解消するのが


「目隠しフェンス」
幸泉で、オススメしているのは
フェンスの高さや、
目隠しになる板と板のスキマが自由に変えられるので
人気があります。
板も木目調なので、自然に庭になじみます。
色のバリエーションも豊富です。

フェンスの高さを決めるのにも、
ポイントがあります。

今、家がまだ建っていない方は、
家が建ってから実際の高さを体感して
高さを決めることをおすすめしています。



この写真のお宅は、天然の木のフェンスをつかいました。
道路からの視線が気にならなくなりました。

視線が気になっている方は
お気軽にご相談くださいね。

暮らし方がガラリと変わる

ガーデンルームのあるワクワク生活。

只今とってもお得なキャンペーン開催中


詳しくはこちらをご覧ください》》》ガーデンルームキャンペーン



新築外構、お庭のリフォーム、おうちのリフォームのご相談も続々受付中!

ご予約は059-374-1518までお願いいたします。


-------------------------------------------------
外構 /外溝 エクステリア の設計施工 のご相談は
幸泉 059-374-1518 
までお電話くださいね!
ホームページはこちら 
FORESTGREEN+幸泉

先日こんなご相談がありました。

「家を新築しているんですが、外構、エクステリアの計画はいつするのがいいですか?」

新築されているお客さまで、外構、エクステリアの計画のご相談は

大きくわけて5つのタイミングがあります。

それは

1.家の契約の前

2.家の契約後、図面ができたあと

3.家の着工の前

4.家の工事中

5.家が完成してから

さあ、どのタイミングがいちばんいいでしょうか?

おすすめは、

2.家の契約後、図面ができたあと

です。

理由は、

建物を敷地内のどこに配置するかを書いた配置図と家の間取りがわかる平面図があれば

玄関までのアプローチや、駐車場の配置など外構、エクステリアの計画がすすめられるからです。

早い段階で計画するメリットとしては、

・ 外構、エクステリアを含めた総費用が早く把握できる。

・ 新築住宅を建築する住宅会社さんへ、外構、エクステリアに関連する

  新築計画の要望(配置計画や、基礎の変更、マスや、浄化槽の位置など)を早い段階で相談できる。

などがあります。

特に気をつけていただきたいのが

高低差のある敷地で、道路からの距離があまりない新築住宅の方です。

玄関までのアプローチや、階段の位置や配置をするときに

配管があったり、マスがあって階段がうまくとれなかったりすることがあります。

家が建ってから、家の配置はかえられないので

できるだけお早めにご相談くださいね。

家の着工中、家の工事が終わってからでもご相談は受け付けています。

DSCN5920.JPG

土日のご相談もお受けしています。

ご予約は059-374-1518までお願いします。

---------------------------------------------------------

地震から学ぶブロック塀の正しい施工

「地震から学ぶブロック塀の正しい施工」の講座を受講してきました。

IMG_1270.JPG

大きな地震が起きるたびに、倒れたブロック塀の画像がニュースで流れるのを目にします。

そんなニュースを目にするたび、

「うちのブロック塀が、地震のとき倒れやしないかと、心配なんです。」と

ご相談をいただくことが増えてきました。

講座の中でも、地震で倒れたブロック塀の写真がたくさんありました。

その中で、やはり、きちんと施工をしている塀は地震でも倒れることなく、残っているのが印象的でした。



実は、ブロック塀は災害のときに重要な役割があります。

それは、

◆災害の拡大防止 延焼防止、土砂等の流出防止

◆道路機能の確保 非難 消化活動 救助活動

◆避難所等の環境確保 目隠しなどです。

正しい施工をすれば、災害時にとても役に立つブロック塀

「うちのブロック塀は古くて、鉄筋もちゃんと入っていないし、心配・・・」

そんな方は、ブロック塀は、どうぞお早めにご相談ください。

倒れる恐れのあるブロック塀は、1日も早く取り除くことをおすすめします。

---------------------------------------------

外構 /外溝エクステリア の設計施工 のご相談は

幸泉 059-374-1518 までお電話ください。
ホームページはこちら 
http://www.forestgreen.co.jp
  鈴鹿市石薬師町318

幸泉シェアルーム(レンタルスペース)のお知らせは

  こちら》》》http://blanc-room.com/
雑貨WEBショップはこちら》》》http://forestgreen.shop-pro.jp/

また台風が近づいていますね。

明日からしばらく雨が続きそうです。

雨が降ると、いやだな~と思うのは、

土砂降りの雨のとき、びしょぬれになってしまうこと。

ほんとに、いやですよね。

「車から雨にぬれずに玄関まで行きたい」

そんなお悩みを解決できるカーポートがあります。

それは、こちら 

595.JPG

三協立山アルミ Uスタイル

屋根の下に広々スペースをとれますので

洗濯物も干せます。そしてうれしいことに突然の雨にも心配がいりません。

また、夏は、カーポートの下で、プール遊びもできますよ。

敷地によって、おすすめしたいカーポートが変わりますので

お気軽にご相談くださいね。

1

月別アーカイブ