HOME>スタッフブログ

エクステリア/外構/外溝の施工例の最近のブログ記事

新築外構のお客さまのお宅が完成しました。

階段部分はお客さまのご要望で

床の素材は、浮いた感じに仕上げて浮遊感をだしています。

門塀の横には、アクセントに木目調のアルミ角柱を施しました。

植栽が入ってぐんと雰囲気が和らぎました。

IMG_3009.JPG

広々した駐車場

IMG_3013.JPG

只今、新築外構、お庭のリフォームなど構工事のご依頼をたくさんいただいています。

ありがとうございます。

ご相談はお気軽に

059-374-1518までお電話くださいませ。

ガレージの上の有効活用

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガレージの上の木製のフェンスが痛んできたので

アルミのフェンスに取り換えました。

IMG_0991.JPG

ガレージの上の有効活用ができて、庭が広く使えます。

IMG_0993.JPG

ありがとうございました!

今日から3月

だんだんと春らしく暖かくなってきました。

春の新生活に備えて

お庭のご相談が増えていいます。

お急ぎの方はお早めにご相談くださいね。

まずはお電話くださいね。

059-374-1518

車を購入予定で駐車場を広げたい

このエントリーをはてなブックマークに追加

春の新入学、新生活の準備をそろそろ始めるかたが増えていきました。

子供が中学生になると、自転車置き場が

社会人になると、車を駐車する駐車場のスペースが必要になっていきます。

今日も

「うちの敷地で駐車場を広げるには、どこをどのくらい広げればいい?

そして、駐車場の工事って、いくらくらいかかるものなの?」

とご相談がありました。

リフォームの場合まず必要なのが、解体費

壊す範囲によって、金額が変わってきます。

解体がどの範囲までできるかによって、広げる駐車スペースが変わってきます。

ので、一概にどのお宅がいくらくらいとはいえません。

プランによっても費用がかわってきます。


鈴鹿市にお住まいのお宅の駐車場をリフォームしました。

こちらは、工事前の写真

ぎりぎり2台の駐車スペースがありました。

駐車スペースを2台増やしたい

とのご要望でした。

門回りも取り除き、

写真の左側の植栽のスペースを取り除き、駐車場を広げることにしました。

IMG_1117.JPG

もともとあった1台止めれるスペースの奥は庭になっていました。

この奥のスペースを延長して、縦列で駐車できる計画にしました。

IMG_1118.JPG

こちらは庭側から駐車場を見たところ

手入れの必要な庭の生垣は思い切って撤去することになりました。

IMG_1131.JPG

IMG_1141.JPG

リフォーム後はこうなりました。

植栽スペースがなくなったので、1台分の駐車場を

もともとあった1台分の駐車場の奥を広げてもう1台止めれるように。

門柱はスペースのいらない、宅配ポストのついた機能性門柱にしました。

DSCN8246.JPG

DSCN8250.JPG

奥行を広げた駐車場

生垣のなくなったところは

目隠しのフェンスをとりつけました。

DSCN8247.JPG

解体をしたコンクリートの部分は

あたらく石張り風のアプローチに

玄関前もオレンジ色のタイル貼りにして明るくしました。

リフォームをするときの注意点は、

駐車場と、建物との高低差がどのくらいあるか。

高低差がないほうが、プランはしやすく、また、費用はおさえられます。

高低差がある方が、それに応じた高さのある土留めが必要になり、残土処分など、費用がかかります。

こちらのお宅の場合

玄関向かって左側の駐車場スペースは、駐車場と、建物との高低差が少ないので

土留のブロックの段数が少ない。

右側は、高低差があるので、土留めが必要です。

土留めは、建物ギリギリには作れないので、写真のように少しスペースが必要になります。

駐車場の計画をされる際には、気をつけてくださいね。

幸泉でも、ご相談受け付けています。

工事が込み合っていますので

お早目にご相談くださいませ。

モダンスタイルの新築外構が完成しました。

黒い外壁に木目調のアクセントがあるスタイリッシュな建物の外観。

建物の雰囲気にあうようにシンプルな中にあたたかさを感じるデザインにしました。

DSCN8795.JPG

センスのいいご主人と奥さまが探してみえた赤いポスト

庭のアクセントになり全体を引き締めています。

DSCN8782.JPG

道路からの気になる視線を遮れるウッド調の目隠しフェンスを庭を囲むように取り付けています。

フェンスの高さは80センチが一般的なのですが

もう少し高さが欲しく、1Mの高さにしました。

板と板の隙間は1センチです。

庭側からみても、道路からの車の視線は気にりません。

DSCN8783.JPG

おしゃれな水栓は、水とお湯が出ます。

DSCN8785.JPG

庭の半分はお手入れの楽な人工芝に。

人工芝の下地までは、職人さんが行いました。

人工芝の施工は、器用なご主人が休みの日に作業することになりました。

DSCN8784.JPG

窓から庭への出入りが楽にできるように

樹脂デッキも取り付けました。

ちょっと座るスペースとしてほどよい奥行です。

DSCN8786.JPG

勝手口には屋根のあるテラスを取り付けました。

こちらは洗濯物を干す場所として大活躍中です。

DSCN8790.JPG

とっても仲良しなMさんご家族

お庭でお子さんと遊んだり、

バーベキューをしたり

庭での楽しみが増えそうですね。

DSCN8781.JPG

これからもお庭のある暮らしを楽しんでくださいね。

ありがとうございました!

スタイリッシュなオープン外構

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月も残りわずかとなりました。

今年は本当に台風が多いですね。

連日、台風被害のご相談が続いています。

また台風があらたに発生したようです。

これ以上被害のないことを願うばかりです。

みなさまもくれぐれもお気をつけくださいね。

さて、久しぶりの施工写真になります。

スタイリッシュモダンな建物にあう

シンプルな新築外構のお宅が完成しました。

IMG_3979.JPG

お庭は、お手入れが楽で、1年中緑が楽しめる人工芝の庭です。

駐車場との段差がないので庭に広がりがあります。

IMG_3973.JPG

2台用のカーポトは奥行延長タイプのものに。

物置を置いても駐車スペースに余裕があります。

高さの違うウッド調の目隠しフェンスを境界にとりつけました。

プライベートな空間になりました。

IMG_3975.JPG

アプローチは植栽スペースを設けました。

植栽はご親戚のプロの方がされました。

雰囲気にぴったり合うロックガーデン風なお庭です。

これからもご家族でお庭のある暮らしを楽しんでくださいね。

ありがとうございました。

インスタ始めました@kousennoie

施工写真を載せています。

フォロー大歓迎です。

只今工事のご依頼を多数いただいています。

お待たせしておりますが

順番にかからせていただいています

いましばらく

楽しみにお待ちくださいね。

-----------------------------------------------------------------------------------

外構 /外溝 エクステリア の設計施工 のご相談は

幸泉 059-374-1518 までお電話ください。
鈴鹿市石薬師町318

1

月別アーカイブ