HOME>スタッフブログ

ウッドデッキ タイルテラス 施工例の最近のブログ記事

憧れのウッドデッキ完成しました

「庭にウッドデッキをつけたいんです。」

ウッドデッキのご相談は1年を通して多いご相談です。

ウッドデッキには、天然木のタイプと、

樹脂性のタイプとあります。



幸泉では、天然木のウッドデッキは、風雨などで痛みにくく

耐久性のあるハードウッドと呼ばれる硬い材質の木をつかって施工をしています。

天然木にも、ウリン、サイプレスなど、いろんな種類があり

少しずつ木の質感や色目が変わります。

サンプルが店頭にありますので

お気軽にご相談くださいね。



こちらのお宅も天然木のウッドデッキです。

やはり自然のものは、風合いがいいですね。

お庭の芝とも相性ばつぐんです。

お庭のある暮らしを楽しんでくださいね。

IMG_20160617_162009.jpg

ありがとうございましたお願いします

---------------------------------------------

お客さまの夢がかなったお庭

幸泉のニュースレター「KOUSEN LIFE」の10月号が完成しました。

お客さまからは

「いつも楽しみに読んでるよ。」

「記事の文が、なんともほほえましいですね。」

「素敵なお宅の写真を見ると、

うちも綺麗にしてもらった庭を、がんばって保たなきゃって思うわ~。」

といった、嬉しいお声をいただいています。

記事の中で

完成したお客さまのお宅のレポート

「おうちと庭を楽しもう!」というコーナーがあります。

10月号は、お庭のリフォームでお世話になったAさまのお宅です。

IMG_0102.JPG

こちらのイメージスケッチからはじまった打ち合わせ↓

02最初のスケッチ.jpg

着工前の写真↓ 草のお手入れが大変だというご相談でした

10完成.jpg.jpg

工事中は、お客さまにも、いろいろ手伝っていただき

お客さまといっしょにつくりあげたお庭です。

完成したお庭↓ トナカイがやさしく見守っています。

10完成.jpg.jpg

くつろぎのウッドデッキスペース。

ここからのお庭の眺めは最高です。

09完成.jpg

Aさま ありがとうございました。

これからもお庭のある暮らしを楽しんでくださいね。

KOUSEN LIFE

まもなく発送いたしますので

しばらくお待ちくださいね。

------------------------------------------------------------------

リフォームでかわいいお庭に大変身

ほんとに毎日暑い日が続きますね。

幸泉の庭では、セミの鳴き声もピークは超え

チョコレートコスモスが咲いてきました。



さて、先日少しご紹介したお庭のリフォームのお宅。

花壇の植栽が入り、完成しました。

IMG_8763.JPG

↑新しくつくったタイルデッキテラス

IMG_8728.JPG

↑レンガは、もとのお庭にあったものをそのまま使いました。

IMG_8765.JPG

↑コンクリート製の枕木は、駐車場で使っていたものを再利用しています。

↑薄オレンジの床材だけ、新しくキラキラ(四国化成のリンクストーンという素材です。)

ここからは、リフォーム前のお庭の写真です。

IMG_3898.JPG

↑リフォーム前はウッドデッキでした。

IMG_3895.JPG

↑リフォーム前の植栽スペース



明るいお庭に大変身し、お客さまから

「使えるものは上手に使ってもらって

すごくかわいいお庭になって、嬉しいです。」

と、喜んでいただきました。

ありがとうございました。

どうぞこれからもお庭のある暮らしを楽しんでくださいね。



『10年ほど前に新築で建てた家のウッドデッキが傷んできたので

やり替えをしたいんです・・・』

そんなお客さまが増えています。


7月にはいり、2件のお客さまの

古くなったウッドデッキをやり替えました。


よく聞かれることですが、

「ウッドデッキをやり替えたいんですが、何がおすすめですか?」

20131130 036.jpg

ウッドデッキをやり替える場合の主に4つの方法があります。

1.ウッドデッキを壊した後、デッキを再度つくることはせず、

 平らな状態にする。(防草シートと砂利を敷くのがおすすめです。)



2.樹脂デッキにする。エクステリアのメーカーの

リクシル、三協立山アルミ、ykkなどから出ています

メリットは、耐久性があり、メンテナンスの手間が省ける。

デメリットは樹脂性なので、夏場床の表面温度が高くなりやすい。


3.タイルデッキにする。

メリットは、久性があり、掃除がしやすい。選べる素材が多い。

デメリットは、雨仕舞いの点で、施工の床高さに制約があります。

樹脂デッキのように掃き出し窓のギリギリ下までの高さまであげることが難しいので、室内とデッキとの段差ができる。



4.天然木のデッキにする。

「え?今さら天然木なんて。」

傷んでしまったウッドデッキが家にあるお客さまは必ずこうおっしゃいます。

でも、ご安心ください(笑)

耐久性のあるハードウットと呼ばれるウッドデッキなら大丈夫です。

メリットは、耐久性があり、天然木の質感を楽しめる。

デメリットは、コストがやや高くなる。



まとめ

「ウッドデッキのやり替え何がおすすめですか?」

それは、ウッドデッキをつけてどんな暮らしをおくりたいかによって

おすすめがかわります。



例えば外に洗濯物を毎日干すのに、デッキをつけたい方には

室内とデッキの段差の少ない

樹脂デッキか天然木デッキをおすすめします。



また、メンテナンスを重視される方には

タイルデッキをおすすめします。



せっかくつけるデッキ、

なんとなくつけるのでなく

ウッドデッキをつけてどんな暮らしをおくりたいかを

ご家族で話をしてみてくださいね。



ウッドデッキどうするかお悩みの方は

施工の写真や実物サンプルもある

幸泉までぜひご相談くださいね。



ホームページはこちら  http://www.forestgreen.co.jp
  鈴鹿市石薬師町318


幸泉シェアルーム(レンタルスペース)のお知らせは
  こちら》》》http://blanc-room.com/
雑貨WEBショップはこちら》》》http://forestgreen.shop-pro.jp/

ガーデニングを楽しむ庭づくり

お客さまのお宅のお庭のリフォームが完成しました。

季節の変化をガーデンニングで楽しむお庭です。

白いアイアンのガゼボがお庭のシンボル

IMG_20160518_112828.jpg

柔らかい曲線を描く、園路は

レンガ、枕木など

ナチュラルな素材を使っています。

庭の手入れがあまりかからないところと

花壇などの植栽スペースをわけて

できるだけ、庭のお手入れなど後の管理もしやすくしました。

IMG_20160518_112748.jpg

夏の暑さを遮る日よけがついた、パーゴラ

床は、メンテナンスの楽なタイルデッキに。

高さのある目隠しフェンス

プライベート空間を演出するのに最適です。

これからもガーデンニングを楽しんでくださいね。

ありがとうございました!

---------------------------------------------

外構 /外溝エクステリア の設計施工 のご相談は

幸泉 059-374-1518 までお電話ください。
ホームページ ホームページはこちら 
http://www.forestgreen.co.jp
  鈴鹿市石薬師町318


ホームページ 幸泉シェアルーム(レンタルスペース)のお知らせは
  こちら》》》http://blanc-room.com/
ホームページ 雑貨WEBショップはこちら》》》http://forestgreen.shop-pro.jp/

1

月別アーカイブ