HOME>施工事例

左官技術を生かした塗り壁 高低差を曲線で構成した南欧風エクステリア 三重県三重郡朝日町

左官技術を生かした高低差のある南欧風エクステリア01.jpg

左官技術を生かした高低差のある南欧風エクステリア

三重県朝日町の見晴らしの良い丘の上にある住宅の外構・エクステリアです。
コテ跡のつく塗り壁のもつやわらかな雰囲気を外構にも表現するため、車庫からアプローチ・玄関までを曲線を生かしたデザインでつないでいます。
アプローチの上部は広い乱形石張りの空間になっていますので、石張りのテラスとして門扉を閉め、プライベートな空間としても楽しむことができます。
表札は特殊な技法である、シャインガラスや門塀のスリットに用いたロートアルミの飾り、曲線が印象的なアルミ鋳物のフェンスなど素材を厳選して、長い間使っていただけるよう意匠的にも機能的にも配慮しています。
車庫の一部をアプローチが横切っており、車庫兼アプローチと庭の一部に車庫が駐まっている感じにみせています。
塗装はジョリパッドのQシリーズという低汚染タイプの塗装を使用しています。

>>第30回東洋エクステリア施工コンクール出展の作品です。

左官技術を生かした高低差のある南欧風エクステリア02.jpg左官技術を生かした高低差のある南欧風エクステリア03.jpg

左官技術を生かした高低差のある南欧風エクステリア04.jpg左官技術を生かした高低差のある南欧風エクステリア05.jpg

名称 Y邸(三重県三重郡朝日町)
【施工箇所】  外構・エクステリア・物置(ディーズガーデン カンナ)
【設計】  田崎
【材料】  外壁:アイカ工業 ジョリパッド JQ
フェンス:YKKap トラディションフェンス
スリットフェンス:オンリーワン スリットフェンス
階段:ユニソン コーチハウスレンガ
表札:オンリーワン シャインガラス表札
ポスト:東洋エクステリア エクスポスト
床:ユニソン クレモナストーン 乱形、四国化成 リンクストーン
物置:ディーズガーデン ガーデンシェッド カンナ