HOME>施工事例

和風の建物に調和 ウリン材のウッドデッキとウッドフェンスでつくるプライベートな空間 三重県四日市市

和風の建物にウッドデッキでつくるプライベート空間01.jpg

和風の建物にウッドデッキでつくるプライベート空間

三重県四日市市の田畑で囲まれた、和風で落ち着いた雰囲気のする住宅の外構、庭のリフォームです。

「友人や家族とバーベキューなどアウトドアを楽しむ時間を大切にしたい」
和風の家に合うような落ち着いて自然な感じのするエクステリアと庭をつくりたいとのご要望でした。

玄関までのアプローチの正面には家族が一番長く過ごせる場所であるリビングがあり、プランニングできる空間は境界まで4000mmほどありました。
幸泉では通常ウッドデッキのサイズは2100mmか2500mm、大きいもので3000mmくらいあると使いやすいのでおすすめしています。
今回のケースは中途半端に空間を残すとウッドデッキと境界までの間に通路としてしかつかえない空間ができてしまいます。
そこで、南も東側も敷地いっぱいまでウッドデッキを広げて、屋外の生活スペースを優先するデザインを採用しました。

土系の舗装のアプローチ正面のウッドデッキへの目隠しにはイロハモミジとウリンの角材を配し、通行する人からの視線が気にならず、季節を楽しめる屋外空間としました。

日頃庭のアイテムとして必要ですが邪魔になりがちな物干しは、テラス下にウッドデッキを加工して取り外し式のアイアンの物干しを設置しています。使わないときはオブジェのようなデザインですので気になりにくくなっています。
もちろん、取り外して収納することも想定してフックをつけています。

ウリンのウッドフェンスにはウリンの板材で飾り棚を設けて、趣味の焼き物を飾ったり、イベントの時にキャンドルを灯してたのしんで見えます。

和風の建物にウッドデッキでつくるプライベート空間02.jpg和風の建物にウッドデッキでつくるプライベート空間03.jpg

名称 I邸(三重県四日市市東日野)
【施工箇所】  外構(エクステリア)・庭のリフォーム・ウッドデッキ
【設計】  田中
【材料】  ウッドデッキ:ウリン材
目隠しフェンス:ウリン材
物干し金物:美濃クラフト
フック:オンリーワン
樹木:イロハモミジ ソヨゴ ブッドレア シマトネリコなど