HOME>幸泉ってどんな会社>幸泉の想い

幸泉の想い

デザイナーが直接窓口に

リビングから外を眺めれば、風になびく緑の若葉。石畳のアプローチを行けば、足元には可憐に色づいた小さな花々・・・。

「FOREST GREEN+幸泉」では、毎日の暮らしに安らぎを与えてくれるガーデン・エクステリアをデザインしています。オーナー様に最大限喜んでいただけること。それ以上に感動していただけること。そして、10年後にも「やっぱり良かった」と思っていただけること。それこそが私たちの最大の喜び。

幸泉には、いわゆる営業がいません。1級建築士やエクステリアプランナーなどの資格を持つデザイナー(設計士)が窓口となり、オーナー様の理想のライフスタイルを直接お伺いいたします。お客様担当者とデザイナーが同じ人間であるからこそ、しっかりと深いヒアリングができ、ご要望にぴったりマッチした提案ができるものと信じて、ずっとこのスタイルを守り続けています。

森羅万象がアイデアの泉

スタイル、フォルム、素材、そして植物・・・。ガーデン・エクステリアのデザインは本当に奥が深く、やろうと思えば何でもでき、選択肢も無限にあります。だからこそ、常に森羅万象のあらゆるものから学ぶ姿勢を大切にしています。
「映画」からは、物語の舞台である家や庭のスタイルを。「生け花」からは、流れのハーモニーを。「美術」からは構図の調和を・・・。しかし何といっても一番のお手本は、「自然」そのもの。滝の流れ、岩の連なり、野生の花の彩りなど、自然が描き出す風景は究極に美しく、アイデアの宝庫と言えるでしょう。

内から見る風景も美しく

ガーデン・エクステリアは、外から見たデザインに目が行きがちですが、それに劣らず重要なのが、“内から見る風景”。オーナー様にとっては、家の中から庭を見ることの方が多いものなのです。だから内から見てどう美しく、いかに安らげる風景を作りだすことができるかにもこだわっています。また、迎える風景と送り出す風景で違った趣があれば、ゲストの方にも喜ばれるはず。

こうした、空間を多面的・立体的にとらえる発想法だけでなく、建築のトレンドを積極的にエクステリアに導入するなど、建築士としての感覚・経験を、大いにガーデン・エクステリアデザインに取り入れて行きたいと考えています。

コミュニケーションを大切に

幸泉の職人は、本当に頑固です。オーナー様に「そこはそれくらいでいいよ。」と言ってもらっても、「いや、まだまだ。もう少しやらせてください。」と申し出るくらい。“丁寧な仕事”ということには、本当に自信を持っています。そしてオーナー様とのコミュニケーションを大切にしています。話好きな人間ばかりですので、職人に対しても、どんどん気軽に質問・相談してもらえればと思います。

代表取締役 田中 良樹

自然素材へのこだわり

エクステリアに使う材料には、できるかぎり自然素材、天然のものをおすすめしています。年月が経つと、人工素材はどうしても見栄えが悪くなってきてしまいます。しかし天然の石や木は、時を重ねることで逆に味わいを増していきます。朽ちていく姿さえも美しいのが、自然素材の何よりの素晴らしさなのです。

おかげさまで幸泉では、受注の約半分が、“お客様からのご紹介”となっています。これは、ご満足していただけ、信頼していただけた証と、大変誇りに感じるとともに、感謝の気持ちでいっぱいです。

お客様のさらなるご満足のために、スタッフ一同力を合わせてまいりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

施工エリア

三重県の桑名市、いなべ市、木曽岬町、東員町、四日市市、、菰野町、朝日町、川越 町、鈴鹿市、亀山市 、津市ほか。
幸泉より30分以内のお客様が多いです。
(名古屋、岐阜でも施工実績あります。ご相談ください。)
設計のご依頼は電話、FAX、メールにて全国より承っております。

お問合わせ

きれいな、すごしやすい街づくりを全国に広めたい!との思いから、あなたのガーデンライフをもっと楽しく快適にする小冊子【ナチュラルライフ】や年間4回定期発行していますガーデン新聞、参考事例がいっぱいの施工例BOOK など、お庭に関するお役立ち情報を会社資料と一緒に無料でお送りております。
ぜひご参考にしてくださいね。資料請求